Pocket

営業マンの目的は、何よりもお客様に商品を買っていただいて会社の売上に貢献することですよね。

売上を上げるための手段として、「営業トークをみがく、訪問する回数を増やす、御用聞きに徹する…」などなど、みなさんさまざまな試行錯誤をされていると思います。

その中でも、もっとも効率よく売上アップの機会を増やす手段が、「営業の手紙」を活用することなんです。

メールやラインでの連絡が全盛の現在、営業の手段とはいえ「手書きの手紙」が持つインパクトは高まっているといえるでしょう。

しかも、営業の手紙は少しの手間をかけさえすれば誰でもできることですから、口下手な人やお客様の前に出るとどうも緊張してしまう…という方でも、今日からすぐに実践することが可能です。

この記事では、売上アップにつながる営業の手紙の書き方について、シーン別に文例や書き方のポイントを解説させていただきます。

Sponsored Links

営業の手紙の書き方のポイント

営業,手紙

「礼に始まり礼に終わる。」というように、営業マンの基本は挨拶です。

挨拶をきちんと出来ている手紙は、相手先にも受けが良く、営業マンの人となりを理解してもらう最初の入り口になります。

初対面で全てを理解してもらうことはまず不可能ですので、話すことに加えて文字を使うことで、よりわかりやすく営業姿勢等を理解してもらいましょう。

では、その挨拶や新規開拓に関する手紙の書き方について、押さえるべきポイントと例文をご紹介します。

まずは時期に応じた言葉遣いを使うことがポイントになります。

俳句などでは、季語という考え方に基づいて季節を感じさせる言葉を用います。

それと同じように手紙の挨拶にも、各季節で用いるべき季語があります。

使い方を間違わないよう注意しながら、挨拶文を書いていきましょう。


Sponsored Links

新規開拓に関する手紙の書き方

まず、初対面の方に失礼のない文章作成を心がけることが大切です。

また、新規に商品を売りたい訳ですから、訪問の目的をきちんと説明した内容も必要になります。

挨拶と目的の説明を難しく書いてしまうと、相手先から読んでもらう気持ちを抱かせることができなくなります。

極力簡潔にですが、意図はきちんと理解してもらう内容が望ましいです。

Sponsored Links

営業の手紙例文①:新規開拓の場合

◯◯株式会社 〇〇様はじめてご挨拶させていただきます。

私、〇〇株式会社〇〇部で〇〇という商品を担当しております〇〇 ◯と申します。

本日はご多忙中にもかかわらず、貴重なお時間を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。

弊社では、御社の事業内容に弊社の◯◯(商品)が必ずお役に立てると確信しております。

本日はその〇〇につきましてご紹介とご説明をさせていただきたくお邪魔いたしました。

Sponsored Links

営業の手紙の書き方:訪問後のお礼に使える場合のポイント

営業活動で相手先を訪問した後は、必ずお礼をお伝えする必要があります。

営業マナーの大事なところです。

近年は電話やメールでする方法が一般的ではありますが、ここで使う手紙は相手に与える効果が、電話やメールよりかなりあります。

その理由は、人の心を動かす観点で考えるとわかりやすいです。

最近は手紙をもらうことはほとんどないはずなので、もらうとうれしくなります。

そして、そのひと手間にすごく感動するんです。

そういった人の心を打つ効果は手紙がうってつけです。

できれば手書きで書くと、より一層その効果が高まります。

次のような例文をあげてみましたので、ご参考にしてください。

Sponsored Links

営業の手紙の例文②:訪問後の挨拶

拝啓 初夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。この度は貴重なお時間を◯◯様より頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

◯◯様の忌憚のないご意見と素晴らしい人間性に、このようなご縁が出来たことを心より光栄でうれしく存じあげます。

Sponsored Links

営業の手紙の例文③:訪問後の挨拶

拝啓 昨日は大変お忙しい中、私に貴重なお時間を頂戴できましたこと、また長時間にわたってお話しいただけましたことに大変感謝いたしております。ありがとうございました。

このご縁を通じて〇〇様の期待に添える提案と御社の事業発展に少しでも貢献いたしたく、今後とも何卒よろしくお願い申し上げる次第です。


Sponsored Links

関連記事と広告