Pocket

「ブルータスお前もか」これは、古代ローマ最高の英雄といわれるジュリアス・シーザーが、暗殺されるときにつぶやいたといわれる言葉です。

身内に裏切られた時の決まり文句としてもつかわれることが多い言葉ですが、実はこの「ブルータス」は2人いたことをご存知でしょうか。

この記事では、「ブルータスお前もか」の意味について、歴史をくわしく掘り下げて解説させていただきます。


Sponsored Links

「ブルータスお前もか」の意味

ブルータスお前もか,意味

冒頭でも少し説明させていただきましたが、「ブルータスお前もか…」これは、古代ローマ時代のジュリアス・シーザーが暗殺されたときにつぶやいたとされる言葉です。

シーザーの暗殺には、シーザーが息子のようにかわいがっていたブルータスという青年も含まれていました。

「まさかお前に裏切られるとは」という意味をこめて、シーザーは「ブルータスお前もか」とつぶやいたというわけですね。


Sponsored Links

「身内に裏切られた時」の決まり文句

このシーザーとブルータスの故事を参考に、身内に裏切られたときの決まり文句として「ブルータスお前もか…」というセリフが使われることもあります。

例えば、新入社員の時から部長にかわいがられていた鈴木さんがいたとして、この部長がまわりの人間の策略によってクビにされてしまうような事態になったとしましょう。

そして、その策略に鈴木さんがかかわっていたとします。

こういう状態で自分がクビになったことを知った部長が、「鈴木、お前もか…」(鈴木=ブルータス)とつぶやくというわけですね。

太宰治の「走れメロス」に出てた言葉?

ネット上の質問サイトなどを見ると、「ブルータスお前もか」に関して「走れメロスにも同じような言葉があったような…」と思われる方がなぜか多いようです。

しかし、残念ながら走れメロスにはそういう言葉はありません。

実際に「ブルータスお前もか」という言葉が生まれた古代ローマ時代と、走れメロスの時代背景がよく似ていることもあって、混同されるケースが多いのかもしれませんね。


Sponsored Links

「ブルータスお前もか」への返答(返し)は?

シーザーが「ブルータスお前もか」とつぶやいたのに対して、つぶやかれた相手のブルータスはどう答えたのか?ですが、これは情報が何もないというのが実際のところです。

シーザーが暗殺されたのは古代ローマ時代の紀元前44年です。

今から2000年以上も昔の話ですから、正確な情報はないというのがむしろ自然かもしれませんね。

そもそも、この「ブルータスお前もか」というセリフは、シーザーが暗殺された時点から見てはるかに後年に活躍した、シェイクスピアの創作という説もあります。

 

※作品名は「ジュリアス・シーザー」で、ブルータスを主人公として描かれた作品です。

Sponsored Links

「ブルータスお前もか」のブルータスは2人いた?

シーザーを暗殺した「ブルータス」という人物は、実は2人いたことが分かっています。

マルクス・ブルータスと、デキムス・ブルータスの2人です。

「ブルータスお前もか」のブルータスはどっち?

  • ①マルクス・ブルータス
  • ②デキムス・ブルータス

Sponsored Links

シーザーの暗殺場面にこの2人のブルータスの両方がいたことは明らかになっています。

一方で、シーザーが「ブルータスお前もか」とつぶやいた相手の「ブルータス」がこの2人のうちどちらなのか?については意見が分かれています。

歴史上の人物という意味では圧倒的にデキムスよりもマルクスの方が有名なのですが、シーザーに「ブルータスお前もか」とつぶやかれた相手は、実はデキムスの方だったという説が有力です。

以下、2人のブルータスがどういう人物だったのか?について簡単に説明させていただきます。

①マルクス・ブルータス

ブルータスお前もか,意味

マルクス・ブルータスはシーザーの愛人の息子です(シーザーの実の息子ではありません)

シーザーという人はものすごく女性にもてる男で、たくさんの愛人がいたといわれている人物です。

たくさんいたシーザーの愛人の中で、「生涯の愛人」といわれたのがこのマルクス・ブルータスの母親といわれています。

生涯愛した女性の実の息子ですから、シーザーはいろんな場面でマルクス・ブルータスを引き立ててきたのでした。

それにもかかわらず、マルクス・ブルータスはシーザー暗殺の実質的なリーダーとして活動し、最終的には暗殺の実行犯に加わることになります。

なお、上でも紹介したシェイクスピア作の『ジュリアス・シーザー』の主人公はこのマルクス・ブルータスです。

Sponsored Links

歴史上の人物として有名なのはマルクス・ブルータス

マルクス・ブルータスはシーザー暗殺後の政治状況で非常に大きな役割を演じた人ですから、次のデキムス・ブルータスよりも知名度では圧倒的に勝っています。

シーザーが暗殺された後の政治状況について、ごく簡単に説明させていただきます。

シーザーは終身独裁官(実質的には皇帝)として古代ローマの最高権力者だった人物ですから、彼が暗殺された後には当然後継者争いが起きます。

具体的には、①暗殺のリーダーだったブルータス、②シーザーの養子アウグストゥス(シーザーが亡くなった当時の名前はオクタヴィアヌス)、③シーザーの右腕的な部下だったアントニウス、の3人が争うことになります。

最終的にはこのうち②のアウグストゥスが勝利し、シーザーの跡を継ぐ初代ローマ皇帝として政治の実権をにぎることになります。

アウグストゥス以降、ローマは共和制から帝政に移行し、数々のローマ皇帝の物語が生まれることになります。


Sponsored Links

②デキムス・ブルータス

 

歴史上はやや影が薄いですが、「ブルータスお前もか」のブルータスであるという説が有力なのが、このデキムス・ブルータスです。

デキムス・ブルータスはシーザーの遠縁にあたり、軍事上の才能で優れた人物でした。

シーザーが司令官として従軍した戦争では部隊長として大活躍する様子が「ガリア戦記」などに描かれています(ガリア戦記はシーザー自身が書いた書籍です)

シーザーに遺言で第2相続人に指定されていたデキムス・ブルータス

さらに、シーザーが残した遺言によると、このデキムス・ブルータスは第2相続人として指定されているほどに愛された人物でした。

(ちなみに、第1相続人として指定されていたのがシーザーの後を継いで初代ローマ皇帝となるアウグストゥスです)

それほどまでにシーザーに愛されながら、デキムス・ブルータスはシーザーの暗殺に実行犯として参加します。

ガリア戦記での描かれ方や、相続人に指定されているなどの様子から、シーザーはマルクス・ブルータスよりもデキムス・ブルータスの方を愛していたのは明らかです。

そのような根拠から、「ブルータスお前もか」の「ブルータス」は、デキムス・ブルータスであったとする説が実は有力なのです。


Sponsored Links

Pocket