Pocket

「自宅でバーベキューを楽しみたい。だけど、長く暮らしていく場所だからこそ近所トラブルも避けたいし…」

そんな風に悩んでいる方、結構多いですよね。

実際にバーベキューで近所トラブルが起こる場合、一体何が原因になっているのでしょうか?

住宅街でのバーベキューが嫌われる理由や、近所トラブルを回避するための対策を紹介しますね!


Sponsored Links

住宅街でのバーベキューは迷惑?許容範囲?

住宅街でのバーベキューは迷惑か
(住宅街でのバーベキューは迷惑?)

せっかくマイホームかったんだから、自分の庭ぐらい自由に使わせてよ…。

こんな風に考える方もおられるかもしれませんが、住宅街に住んでいる場合には基本的に近隣の家への配慮は必須と考えておきましょう。

「自分の家の敷地内でバーベキューして何が悪い!?」なんて、自分の楽しみを優先して周りへの配慮が足りない方は要注意ですよ!

というのも、住宅街でバーベキューをして起こった実際の近所トラブルや苦情にはこんな事例が過去にあるんです。

「火事です!」煙に驚いた近隣住民が通報!消防車が出動する事態に

バーベキューでは炭を使って直火で調理するため、着火時や肉の脂が炭に落ちることで嫌なニオイと共に大量の煙が出てきてしまいます。

そんな煙に驚いた近隣住民が、火事と勘違いして消防車に通報してしまった!なんてことも実際に起こりました。

閑静な住宅街に鳴り響くサイレンと共に現れた消防車と救急車。

現場はまさかのバーベキュー。

法律上、自宅の敷地内でバーベキューを行うことは禁止されていないので問題はなかったのですが、近隣住民からの通報があったことを伝えられたそうです。

その後、消防車や救急車が帰った後も野次馬たちがうろつき、しばらくの間は好奇の視線にさらされたそう。

ニオイが原因で非常識住民扱いに!肩身の狭い立場に

マンションのベランダでバーベキューを楽しんでいたお宅に、近所から苦情が入りました。

どうやら、仕事から帰ってきて洗濯物を取りこもうとしたら肉の焼けたニオイが染みついているとのこと。

バーベキューのニオイって案外しつこく残るため、洗濯物は洗い直しするハメになってしまうんですよね。(布団であれば、クリーニングが必要になってしまう場合も。)

結局、他の階にも同様の被害を訴えた方もいたようで、近所の間では「マナーがなっていない住人」と噂されるようになり、肩身の狭い思いをするハメに。

「うるさい!」騒がしさにキレた!刺殺事件まで発生

自宅で20人ほど集まってバーベキューを楽しんでいた住人が、近所に住む男に腹部を刺されて死亡するという事件がありました。

被害者は普段から自宅でバーベキューを楽しんでいたのですが、道路にまではみ出したり騒がしくしたりと、過去に何度も通報されていたそうです。

一方で加害者は音に対してとても敏感で、精神科にも通院していたとのこと。

これまでの近所トラブルで溜まった鬱憤が、今回のバーベキューで爆発してしまった事件。

日頃から近所との良好な関係が築けているか、近所にはどのような人が住んでいるのかを知っておくことも大切といえますね。


Sponsored Links

先手必勝!大人な対策で近隣住民とのトラブルを避けよう

住宅街でのバーベキューは迷惑か
(住宅街でのバーベキューの迷惑対策)

せっかくのマイホームを手に入れたのに、近隣住民とのトラブルで住みづらい思いをするのは避けたいものですよね。

バーベキューをする前にこんな対策をするだけでも印象は随分変わってきますよ。

挨拶は忘れずに!相手にも予定を立てる余裕を

バーベキューの予定が決まったら、近所への挨拶も忘れずに行っておきましょう。

「いつの何時からスタートし、何時頃に終わる予定なのか」を伝えておくと、相手も外出して時間を潰したり、洗濯物を干す時間帯を変えたりと予定が立てやすくなるからです。

夕方から行う場合はあまり遅い時間まで騒がないよう、20時頃には終えたいものです。

後日、顔を合わせた時には感謝の一言も忘れずに伝えておくと良いですね。

トラブルを回避!活用したいバーベキューアイテム

安い炭は不完全燃焼を起こしやすいため、備長炭などの炭を使うと煙やニオイを抑えることができます。

また、炭に脂が落ちない仕組みで煙を抑えるロータスグリルなどの無煙コンロを使うのも良いでね。

煮る・焼く・蒸す・揚げる・燻すなどのさまざまな調理法が可能なダッチオーブンなら、煙やニオイの発生を抑えることができますよ。

まとめ

住宅街でのバーベキューが嫌われる原因は「煙・ニオイ・騒音」がほとんどです。

煙やニオイは無煙コンロ等で抑えるように工夫し、事前に近所への連絡をしておくことで洗濯物や室内へのニオイ移りを防ぐことが可能です。

騒音についてはモラルの問題なので、遅くまでハシャギ過ぎないようにする、大音量で音楽を流さないなど、最低限のマナーを守ればクリアできそうですね。

住宅街でバーベキューが行えるのも、近所の理解と協力があってこそ。

事前に日時の連絡をするなど周りへの配慮も忘れずに、自宅でのバーベキューを楽しみましょう!


Sponsored Links

Pocket