Pocket

世界一大きな海「太平洋」と2番目に大きな海「大西洋」。

学校で習った時に、なぜ「太」と「大」と漢字が違うの?と疑問に思ったことありませんか。

今回はその名前(漢字の違い)の意味の由来や、それぞれの海の水位差や大きさなどについて解説させていただきます。


Sponsored Links

太平洋と大西洋:漢字の違いの意味

間違えやすいこの2つの漢字の使い分け。

覚えやすい方法としては、以下のような覚え方がありますね。

 

太平洋と大西洋:漢字の覚え方

  • 太平洋:日本とアメリカの2国間にある天下「」平な海
  • 大西洋:当時の世界の中心であるヨーロッパからみて西にある「」きな海

 

そもそもなぜ、この2つの海は漢字が違うのでしょうか。

その理由はその由来を知ればすぐ解決します!

そもそも由来は日本語ではない

太平洋の名づけ親は大航海時代、世界一周に出発した「マゼラン」です。

マゼランは太平洋に出た後、旅程の穏やかさに「Pacific Ocean(平和な海)」と名付けました。

 

  • 平和=泰平(天下泰平)=太平

 

それが直訳されて「太平洋」となったのです。

大西洋は「アトラスの海」直訳不可

(当時はヨーロッパが世界の中心)

対して「大西洋」は英語名「Atlantic Ocean」はギリシャ神話の巨人「アトラス」に由来します。

(Atlantic = 「アトラスの」という意味)

アトラスは神ゼウスに背いた罰で、世界の西の果てで世界を支えるよう命じられたため、。

ただ、日本人でこの由来をちゃんと理解できる人は当時いませんでした(ギリシャ神話についての知識がまったくなかったため)

なので、単純にヨーロッパから見て「大きな西の海」で「大西洋」と名付けることになったのです。

まとめると、以下のようになります。

 

太平洋と大西洋:漢字の違いの由来

  • 太平洋:平和な海(天下太平な海)→「」の漢字を使う
  • 大西洋:アトラスの海(和訳不可)→単に「ヨーロッパの西にある大きな海」と考えた→「」の漢字を使う

 


Sponsored Links

太平洋と大西洋の雑学

漢字の違い以外にも、太平洋と大西洋を比較するといろいろと違いがあります。

以下、雑学的な知識をいくつかまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

①大西洋は平和な海ではない?

マゼランが太平洋を「平和な海」と言ってしまうほどということは、「大西洋」はそれほどまでに荒れた海なのでしょうか。

実は大西洋は暖流と寒流が交差しているところが複数あり、潮の流れが非常に複雑なのです。

そのため海が荒れやすく、舵取りが大変だったのかもしれません。

②大西洋は生物が少ない?

実は大西洋は他の海に比べて住み着いている生物が極端に少ないと言われています。

一説によるとアマゾン川よりも少ないのだとか。

これは、大陸移動によって出来た新しい海であることも理由の1つですが、大西洋は大河以外で他の海とぶつかっているところが、南極圏に近い所にしかありません。

そのため、他の海から生き物が流れ込みにくく、住み着きにくいので太平洋に比べて大西洋には生物が少ない状況になっているのです。

③太平洋と大西洋で水位が違う?

海はつながっているように見えて、実は水位差があることをご存知ですか?

パナマ共和国にある太平洋と大西洋をつなぐ「パナマ運河」では、水位差が約20cmもあります。

これは主に海流の影響で、太平洋側の方が高くなるためです。

海面は他にも地球の遠心力や海岸の形態によっても変化するので、大きな海でこれほど差が出てしまうのですね。

④広大な2つの海の占める面積の比較

地球の海の占める割合は約7割と言いますが、そのほとんどがこの2つの海です。

大西洋は8,244万平方km。

太平洋はその倍の1億6,525万平方kmです。

地球の面積は5億1,000万平方メートルなので、この2つの海の総面積で約半分を占めます。

大航海時代にはこんな広い海を、船で渡ろうとしていたわけです。

やはり偉業としか言えませんね。

まとめ

太平洋と大西洋の漢字の違いの意味や、さまざまな海の雑学をご紹介しました。

歴史の勉強などをしていると、いろんなところで出てくる2つの海ですから、ぜひ由来を押さえて漢字は間違えないようにしておきましょう。

Sponsored Links

Pocket

関連記事と広告