Pocket

ホワイトデーのお返しは「どんなものを渡すか」によっていろんな意味を伝えることができます。

今回は、ホワイトデーのお返しとしてマカロンを渡す意味について解説させていただきます。

これから女性にどういうものを渡すか迷っている方や、男性からマカロンをもらったけど、これってどういう意味…?と疑問に感じている方はぜひ参考にしてみてくださいね^^


Sponsored Links

ホワイトデーお返しマカロンの意味は「特別な人」

ずばり、ホワイトデーのお返しとしてマカロンを渡す意味は「あなたは特別な人」です。

それって本命ってこと??

と思われるかも知れませんが、ちょっとご注意を。

特別な人とというのはストレートに「あなたが好きです」という意味のこともありますし、「あなたに特別感謝しています」という意味で渡すケースも考えられるからです。

男性の心理としては「チョコやクッキーだとちょっと普通…。まわりとはちょっと違う印象をあげたいのでマカロンにしよう!」というケースもあるでしょう。

「特別な人」といっても、そのとらえ方はさまざまということですね。

友達以上恋人未満的な相手にもいえることですし、「恋人は他にいるけど好意はありますよ」みたいにちょっとズルい考えでもいえることかもしれません。

>>その他のホワイトデーお返しの意味一覧

マカロンの意味が「特別な人」である由来

そもそもどうしてマカロンのお返しが「特別な人」という意味を持つようになったのでしょうか。

マカロンは見た目もカラフルでかわいく、メレンゲの軽い食感もたまらないですよね。

カラフルで、味もピスタチオやカシスなどおしゃれで、コロンとしたフォルムは乙女心を刺激しますよね!

だけど、マカロンは自分で買って食べるにはちょっと高いかなぁ、と思いませんか?

実はその「ちょっと高い」が、マカロンを「特別な人」という意味にしているのです(なんとも現実的…)

ホワイトデーのお返しの定番アイテムといえば、マシュマロ、クッキー、キャンディーなどがありますが、そんな定番のプレゼントに比べて、マカロンは値段設定が高めであることが多くあります。

そのため、他のお返しに比べて「特別」という意味になるわけですね。


Sponsored Links

マカロンは脈あり?男性の心理

マカロンはそこまでストレートに気持ちを表現できないけれども、好意を感じている人へのプレゼントという繊細なニュアンスのプレゼントです。

あなたのことを大切に考えているからこそ、の思いが見え隠れする選択です。

好意を持っている女性には高めのプレゼントを贈りたい、という男性心理はまちがいなくあります。

意中の彼からマカロンをもらったなら、少なくとも「脈あり」と考えてもよさそうです。

実際、私の周りの男性の意見を聞いても、お返しとしてマカロンを周りの女性みんなに配り歩いたという人は聞いたことがありません。

高級感があり、値が張るお菓子だからこそ、中々そのようなことはできないのでしょう。

男性にとって、マカロンは普段あまり買わないのではないでしょうか?

食べたこともそんなに多くはないかと思います。

女性でもよっぽどのマカロン好きでない限り、わざわざ自分で買って食べるということは少ないかも。

マカロンはなんと言っても見た目が抜群にかわいいお菓子なので、ホワイトデーのお返しにも最適です!

マカロンを選ぶときに気をつけたいこと

マカロンはメレンゲ(卵白を泡立てたもの)と、アーモンドパウダー、砂糖でできているので、とにかく甘いです。

見た目はかわいいけど、独特の食感が苦手…という方もいますので気をつけましょう。

賞味期限も短く、すごくたくさんもらっても困るものですので、「高級なものを少しだけ」というプレゼントの仕方が上品だと思います。

マカロンの起源や由来

マリーアントワネットの映画の中でたくさん出てくるなど、フランスのお姫様が食べているイメージに捉えられていますが、フランスで発祥したという説以外にもイタリアで発祥したという説もあります。

ちなみに、古代ローマ時代の焼き菓子のアマレッティというものに似ているらしいのでその起源は相当古くにさかのぼります。

16世紀にはすでにあったとされていますが、現代でも広く作られているものは、1862年ピエール・エルメ(洋菓子界のピカソと呼ばれる)創業の「ラデュレ」のものが有名ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホワイトデーのプレゼントとしてマカロンを渡してくれた彼は、あなたに普通以上の感情を持っている可能性が高いです。

これをきっかけに思いきって彼の真意を聞いてみてもよいかもしれませんよ!

Sponsored Links

関連記事と広告