Pocket

バレンタインにチョコをもらった方!おめでとうございます!

ただ、「ホワイトデーにはお返しって何あげればいいんだ?」と疑問に感じている男性も多いかもしれませんね。

ホワイトデーのお返しの定番といえばクッキーですが、クッキーを渡すことの意味についてきちんと理解されているでしょうか?

本命の彼女にクッキーをお返したら、なぜか彼女にがっかりされた…なんていうエピソードもあるくらいですから、これからお返しを選ぶ男性は注意してください!

今回は、ホワイトデーのお返しにクッキーを渡す意味について、チョコとの違いや人気おすすめ商品などについて具体的に解説させていただきます。


Sponsored Links

ホワイトデーお返しクッキーの意味は…サクッとした関係?

初めに結論から書くと、ホワイトデーにクッキーを贈る意味は、「あなたとはお友達です」という意味になります。

その理由は…なんとダジャレです。

クッキーだけに、「サクッとした関係」というダジャレのようなところからきているんです。

もともとホワイトデーというイベントも、ある老舗のお菓子屋さん(石村萬盛堂というお菓子屋さんです)が、「女性側にもバレンタインデーのようにプレゼントをもらえるイベントがあるほうが良い」ということで始めたものなのだそうです(最初はホワイトデーではなく「マシュマロデー」と呼ばれていました)

気軽なお値段、種類も豊富、万人受け…とお友達な雰囲気のイメージにしっくりくるといえばクッキーはまさにうってつけかもしれませんね。


Sponsored Links

チョコレートとの意味の違いは?本命に渡すならどっち?

ホワイトデーお返しに渡すチョコレートには、クッキーよりももう少し深い意味があります。

チョコは、バレンタインにもらったものをそのまま返すことになるので、「いただいたお気持ちはお返しします」という意味で、やんわり断るサインになるという説があるんです。

さらに同じチョコレートでも、ホワイトチョコなら「もう少し考えてみます」というなんともアバウトな返答を意味することになるんですよ。

それに比べるとクッキーは相手に悪い印象にはならず、本命の相手以外には適した選択といえそうです。

クッキー・チョコレート・マカロンなど、ホワイトデーお返しの意味一覧はこちらの記事で解説しています。

ホワイトデーお返しクッキーにおすすめの商品6選!

友チョコを贈り合う女の子同士でも、お返しにクッキーを選ぶことが多いですね。

もちろん、義理チョコをもらった男性から女性にお返しを渡すときにもクッキーは使えますよ。

以下ではそんなクッキーの中でも、「ちょっとこだわって選んだ感」のあるものを6つピックアップしてみました。

ホワイトデークッキー①ラングドシャクッキー

ラングドシャとは「子猫の舌」という意味で、ざらざらっとした表面の感じを例えたものになります。

ホワイトチョコとの相性もいいですね。

普通のクッキーとは違った高級感を演出できますよ^^

ホワイトデークッキー②千葉びわラングドシャ

こちらは同じラングドシャでも上品な甘みの千葉びわを合わせた商品です。

サクッとした食感の後にびわのほろあまい味がお口の中を広がります。

菓子折りもあるので取引先等に持っていくときにも使いやすいですね。

ホワイトデークッキー③和三盆クッキー

和三盆は、和菓子でもよく使われるお砂糖の種類のことです。

上品な風味が特徴ですから、大人な女性に渡すのにもぴったりです(クッキーの中でも大人っぽい落ち着いた雰囲気の部類といえます)

ホワイトデークッキー④スノーボールクッキー

ホワイトデーの定番、スノーボールクッキーは、別名ブール・ド・ネージュとも呼ばれます。

白い粉砂糖が雪のように見えて見た目にもきれいなクッキーですね。

ホワイトデークッキー⑤おからクッキー

最近はやりのおからクッキーは、ヘルシーなので、気にせずたくさん食べられると女性の間で話題です。

職場の女性に渡すならぴったりかも!

ホワイトデークッキー⑥アイシングクッキー

クッキーの上にカラフルなお砂糖でコーティングし、見た目もかわいいアイシングクッキーです。

女子受けバッチリですね!

まとめ

ホワイトデーお返しのクッキーは種類が豊富な分、選ぶ人のセンスが問われますね。

お友達用や義理のお返しに選ばれがちなクッキーですが、ちょっとこだわったものを渡すと日頃の感謝の気持ちが伝わりますよ^^

Sponsored Links

Pocket