Pocket

ホワイトデーにお返しを贈るときって、相手の女性に結構気を使いますよね。

義理ならまだしも、本命の女性にお返しを贈るとなると「何を贈るか」がとても大切です。

せっかく渡したホワイトデーのお返しで「この人センスないかも…」なんて相手に思われたら最悪ですよね…。

選択肢の一つとしてチョコレートは有力ですが、実はホワイトデーにチョコを贈るということには、きちんと意味があるという説があるのを知っていましたか?

相手によってはその意味で機嫌を損ねてしまうかも。

今回はホワイトデーのお返しとしてチョコレートを贈る意味について解説させていただきます。


Sponsored Links

ホワイトデーのお返しチョコレートの意味

ホワイトデーにチョコを贈ると、バレンタインに渡したものと同じものを返すことになるので、「あなたの気持はお返しします」という意味になることがあります。

女性からすると、ちょっとマイナスイメージな受け取り方をされる可能性があるということですね。

ただ、同じチョコレートではあっても、ホワイトチョコなどはまた意味が変わってきます(この記事の下の方で解説しています)

普通のチョコは「好きじゃない」の意味?

上でも紹介したように、ホワイトチョコ以外のチョコレートを贈ると「バレンタインにもらった相手の気持ちをそのまま返します」ということでマイナスの意味になる可能性があります。

本命の彼女や、いい関係でいたい女性へのお返しには慎重になった方がいいですね。

>>本命には?ホワイトデーお返しの意味一覧

ただし、義理で贈るような場合にはあんまり気にすることはないでしょう。

チョコは嫌いという女性は少ないですし、高級なものから安価なものまでいろんな種類があります。

無類のチョコ好きな女性ならむしろ喜ばれると思いますよ。

おすすめチョコ①:ゴディバ

高級チョコのド定番!といえばゴディバですね。

あまりにも定番なので「つまらないと思われるかも…」と感じる男性も多いかもしれませんが、とにかく味がおいしいのでこれもらって嫌がる女性はちょっと考えられません(笑)

ゴディバのホワイトデー限定チョコレートは毎年大人気で売り切れになる可能性がありますから、心配な方はこちらで予約しておくとよいですよ。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ゴディバの在庫豊富!エヌマート

おすすめチョコ②:ロイズ

生チョコ好きにはたまらないロイズです。

ロイズは北海道お土産の定番ですが、ギフトやホワイトデーにも人気ですね。

ただし、生チョコは好き嫌いがありますので注意しておいてください(渡す相手に事前に聞いておくとよいかも)

ホワイトチョコは「考えさせて」の意味?

同じチョコでもホワイトチョコだと、「返事はもう少し考えさせてください」という意味になります。

バレンタインデーに女性に告白されたけど、ちょっと返事をあいまいにぼかしておきたかったり、つなぎとめておきたかったりする相手にはいいかもしれません(笑)

ホワイトチョコ①:六花亭

ホワイトチョコといえば六花亭ですね。

有名菓子店ですから味は保証できますよ!見た目もおしゃれですね。

ホワイトチョコ②:北海道がチチチ

こちらは名前からインパクト大ですね笑

CMでも人気で味は濃厚なミルクホワイトチョコを楽しむことができます。

イチゴチョコで季節感を演出もおすすめ!

同じチョコでもイチゴや抹茶など味にこだわってはいかがでしょう?

最近ではフランボワース、ブルーベリーなどもあります。

カラフルでおしゃれなので、いかにも女性が好きな感じがしますね。

ホワイトデーのお返しとしてはかなり適していると思いますよ。


Sponsored Links

ホワイトデーチョコに意味はない説も?

上でホワイトデーに渡すチョコレートの意味について解説させていただきましたが、最近では「チョコに意味なんてない」と考える人も実は増えています。

チョコ以外にも、「マシュマロ=嫌い、キャンディー=好き」などの意味は気にする女性が多いですが、チョコは特に「意味なし」と考えている女性も多いです。

ただ、バレンタインにもらった手作りに対して、高級ブランドチョコをお返しされると若干複雑な心境になりますから、少し変化球をつけたチョコがおすすめです。

まとめ

ホワイトデーのお返しはチョコも全然アリだと思いますが、意味があることも知っておくと女性との会話のエッセンスにもなりますので頭の片隅においておきましょう。

なお、ホワイトデーにはっきりと伝えたい気持ちがあるなら、メッセージカードを添えれば間違いなしですよ!

Sponsored Links

関連記事と広告