Pocket

バレンタインにチョコを渡した彼からホワイトデーのお返しでマシュマロをもらった!でも、このお返しの意味って…?

こういう経験ってありますよね。

男性の側もバレンタインのお返しにマシュマロを贈ろうかと思うけど、これって本当はどんな意味があるんだろう?と気になっているかもしれません。

今回は、ホワイトデーでもらうお返しの定番であるマシュマロについて、それが持つ意味を調査してみました。

チョコやキャンディを贈る場合との意味の違いについても解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。


Sponsored Links

ホワイトデーのマシュマロの意味は?

ホワイトデーのお返しの定番は「マシュマロ」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はマシュマロを渡すと、その意味は「嫌い」になってしまうのです…。

ちょっと衝撃的ですが、マシュマロには本当の意味を知らないと大きな誤解を生む可能性を秘めているのです。

本命の女性に「好き」の気持ちをこめてマシュマロを渡したつもりが、本来の意味を知らずに誤解されてしまったら…背筋がこおる思いですよね。

マシュマロが「嫌い」の意味になる由来について、確認しておきましょう↓

嫌いの意味になる理由

本来は「マシュマロ=消えてなくなる」ということから「思いが消える=嫌い」という意味があります。

確かにマシュマロは口に入れると消えてなくなります。

もちろん中には、アクセサリーのように残るものよりも、無くなってしまうものの方を都合がいいと思う女性もいます。

しかし、好きという思いが消えてなくなってしまうのは、悲しい事ですよね。

マシュマロは義理として渡すのが適切といえるでしょう。

まちがっても本命の彼女に渡してしまわないように注意してくださいね!

チョコマシュマロなら「好き」の意味に

ちょっとややこしいのですが、マシュマロはマシュマロでも、マシュマロの中にチョコが入っている「チョコマシュマロ」の場合にはちょっと意味が変わってくることです。

これは、真っ白な気持ちでバレンタインにもらったチョコ(相手の女性)を包み込むという意味があるとされていて、なんと「好き」の意味になるんです!

※チョコマシュマロはこういうものです。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ホワイトデーでなくマシュマロデー?

ではどうして、お返しにマシュマロが選択肢として出てくるようになったのでしょうか。

実はこのホワイトデー、その昔はマシュマロデーという名前だったといわれています。

ホワイトデーの提案者とも言うべき石村萬盛堂によると、そもそも「男性がバレンタインにチョコをもらっているのに、あげた女性に興味がないからと、お返しがないのはかわいそうだから、せめてマシュマロでも」というのが始まりだったんです。

そしてそのマシュマロの中にチョコを包んだものを発売し、「あなたの思いをマシュマロでくるみました」という意味だったそうです。

ホワイトデーが始まった当初は「マシュマロ=嫌い」という意味はなかったのですが、その後にキャンディやチョコといったものを贈るようになったことから、マシュマロはあまり良い意味を持たないように変わってきたという歴史があるのです。

ホワイトデーのマシュマロの意味について再度まとめると、以下のようになります。

 

マシュマロの意味は2種類ある

  • 普通のマシュマロ=嫌いの意味
  • チョコマシュマロ=好きの意味

 

ということですね。

次に、今の時代においてキャンディが持つ意味とチョコが持つ意味について知っておきましょう。


Sponsored Links

「好き」の意味ならキャンディを!

本命の女性にはぜひ「キャンディ」を贈ってください。

あなたに好意があります、あなたのことが好きです」という意味を持っているからです。

また、キャンディはなかなか溶けないので、「長時間、あなたへの思いが持続する=好き」という意味もあります。

ただし、キャンディはその手軽さから、義理チョコのお返しにも使用されることもあります。

スーパーの食料品売り場でで売っているような価格の安いキャンディの場合には、「なんとも思っていません」という意味になってしまう可能性もありますから、男性は注意してくださいね。

※本命の女性に対しては、見た目もおしゃれなキャンディを選びましょう^^

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ホワイトデーのお返しチョコの意味

次に、ホワイトデーに渡すチョコの意味についても知っておきましょう。

実は注意が必要なのがこの「チョコ」なのです。

というのも、男性がバレンタインに女性から手作りチョコをもらったという場合、お店でチョコを買ってお返しをすると、もらった女性は

私のあげた手作りチョコは、まずかったの…?」と、不安になってしまうんです。

(同じチョコを渡すのに、相手は手作りで、こちらはお店のもの…では釣り合わないということですね)

なので、バレンタインに手作りのチョコを相手からもらったという場合には、キャンディを返すのをおすすめします。

※最近はキャンディの代わりにマカロンでもOKとされていますよ!

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ただし、チョコ好きの女性はとても多いですし、種類も豊富ですからチョコはホワイトデーのお返しに使いやすい定番アイテムではあります。

義理として返す場合にも深い意味を与えずに渡せるということもありますから、「とりあえず無難な形でお返しをしたい」という場合にはチョコ(値段があまりにも高いものだと「好き」と誤解されることもあるので注意)を渡すことをおすすめします。

※こういう値段の高い高級チョコは「好きな相手への本命お返し」としてだけ渡しましょう。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まとめ

まとめると、ホワイトデーのお返しに渡す場合、基本的にはマシュマロは「嫌い」の意味、キャンディは「好き」の意味、チョコは「好き」の意味になります。

ただし、キャンディであってもあまりにも値段が安いものを渡すと「よく意味は分からずにとりあえずのお返しということなのかな?」という意味に受け取られることもあります。

逆に、本来は「嫌い」の意味であるマシュマロであっても、チョコマシュマロであれば「好き」の意味になることもあります。

さらにチョコに関しては種類が多いのと、女性に好まれることも多いことから義理で渡されるケースもあります。

 

ホワイトデーのお返しの意味まとめ

  • マシュマロ=基本的に嫌いの意味
  • チョコマシュマロ=好きの意味
  • キャンディ=好きの意味
  • マカロン=キャンディと基本同じ
  • チョコ=基本的には好きの意味(ただし、無難に済ますときに使う場合あり)
  • 手作りのチョコをバレンタインにもらった場合は、市販チョコは避ける

 

現在はホワイトデーのお返しの意味は多様になっていますから、はっきりと「好き」という気持ちを伝えたい場合には告白の言葉や、手紙などをそえるとよいかもしれませんね!

(はっきりとはわからない、というモヤモヤした感じが楽しかったりもするんですが…^^:)

Sponsored Links

Pocket