Pocket

未経験者が税理士事務所に転職するのに、最適なタイミングはいつなのでしょうか。

実務経験がないと転職するタイミングを掴むのは、なかなか難しいですよね。

私には未経験にも関わらず繁忙期に転職してしまい、先輩社員にまったく相手にしてもらえなかった苦い思い出があります…。

私のようにならないためにも、最適なタイミングで転職活動を始めることが大切です。

今回は、未経験から税理士事務所へ転職を目指す方向けに、転職する最適なタイミングについて説明させていただきます。


Sponsored Links

税理士試験の科目合格数から考える転職タイミング

税理士事務所へ転職するのに最適なタイミングは、税理士試験の科目合格数から考えることができます。

また、試験の影響で求人が増えるタイミングがあります。

2~3科目合格した後がベストタイミング

税理士を目指している方なら、2~3科目合格した後が転職するベストタイミングです。

なぜなら、応募条件を満たす求人が多く、仕事と試験勉強を両立しやすいからです。

税理士事務所の多くは応募者の知識や能力を、税理士試験の科目合格数で判断します。

実務でよく使う法人税法、所得税法、消費税法の合格者や受験経験者は特に優遇されますね。

そのため、2~3科目合格者を優遇する事務所は多く、採用されやすいんです。

なお、どの税理士事務所に転職するか?は慎重に判断してください。

予備校の日は定時で帰れる、試験前は長期休暇が取れるなど、試験勉強に理解のある事務所を選ばないと、勉強時間を確保するのが難しくなるかもしれないからです。

入社前に事務所の内情をくわしく知る方法

とはいえ、入社前の段階で「年間でどれだけの休みがとれるか?」や「試験前に残業を早く切り上げることができるか?」といったような具体的な事務所の様子を知るというのは普通は難しいですよね。

その場合には転職エージェントを使ってみるのも一つの手です。

転職エージェントというのは転職サイトに無料登録することで使えるようになる転職支援サービスのことですね。

事務所の情報をくわしく知ることができる理由

転職エージェントの仕事は企業側(税理士事務所)の人事採用担当者から求人を出している情報をキャッチして、マッチする転職希望者をその企業に引き合わせることです。

求人と転職希望者を引き合わせるためには、転職希望者と企業側の両方の情報について詳しく知っておかなければなりませんよね。

なので、転職エージェントのもとには企業側の細かい内部情報がたくさん集まってくるんです。

「この企業は年間どのぐらい残業があります」「この税理士事務所は試験直前にはまとまった休暇をとれる制度があります」などの情報を詳しく教えてもらうことができるんですよ。

応募書類や面接対策のアドバイスも無料でメールでしてくれる

応募書類や面接対策のアドバイスなどもメール経由でいろいろやってくれますから、ここぞという求人を見つけたら、しっかりと対策をするためにも利用してみるとよいかもしれません。

(この事務所はこういう点を重要視しているので、面接ではこういうアピールの仕方が良いです、ということを事前に教えてもらえます)

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う企業側なので、私たち転職希望者側は完全無料で使うことができますよ。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人が増えるタイミング

未経験から転職するなら、求人が増えるタイミングで転職活動することも大切です。

税理士事務所の求人が最も増えるのが税理士試験終了直後の8月で、この時期は未経験者歓迎求人が多いのも特徴のひとつです。

試験終了後で応募者が転職を考えるのはもちろん、8月は事務所側も忙しくないので採用活動がしやすい時期なんです。

未経験から転職するなら、試験終了後にすぐに活動できるように準備しておきましょう。

また、試験にある程度めどがついているなら6?7月に早めに動き出すのもおすすめです。

試験前で動く人が少なく、事務所側も対応しやすい時期なので穴場の時期といえます。


Sponsored Links

年齢から考える転職タイミング

税理士事務所への転職はタイミングは、科目合格数だけでなく年齢も考慮する必要があります。

未経験者の場合は年齢が若いほど有利で、30代になると厳しくなる傾向にあります。

ポテンシャル採用は20代まで

未経験から税理士事務所に転職する場合、ポテンシャルを見て採用されるのは20代までがほとんどです。

ポテンシャル採用とは実績がなくても、仕事ができる人材に育つ潜在能力があると判断して採用することで、年齢が若いほどポテンシャル採用になる傾向にあります。

たとえば、税理士事務所の勤務経験がなくても、営業で経営者と接した経験や取引先の財務諸表を読んだ経験があれば、採用後に伸びると判断される可能性は高まるでしょう。

ただし、ポテンシャル採用の場合は高待遇は期待できず、初年度は年収は300万円ぐらいまでが多いです。

>>現在募集中の求人で実際の年収を見てみる

私も転職して最初の頃は、前職の収入で計算されるため控除される税金が多く、手取りが12~3万しかなくてやっていけるかどうか不安を感じたものです。

しばらく収入は厳しくなる可能性が高いので、家族がいる人は貯金を取り崩したり共働きするなどの対策が必要になるでしょう。

30代ならアピールできる実績があるのが望ましい

先程説明したように多くの事務所では未経験者の採用は20代までで、30代になると未経験で採用されるハードルはかなり高くなります。

しかし、3科目以上の科目合格や別の仕事での経験でアピールできるものがあれば、30代でも採用される可能性が出てきます。

たとえば、税理士試験でも最難関の法人税法や所得税法の合格や、営業で多くの経営者と接して販売実績もあるなど、税理士事務所で仕事をするうえで役に立つ資格や実績があれば、30代で未経験でも大きなアピール材料になります。

30代の未経験者が転職で成功するには、資格に加えて今までの仕事の実績をアピールできるかが鍵になるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

未経験者が税理士事務所に転職を目指すなら、最適なタイミングで活動することが大切です。

そして、最適なタイミングは個人の状況によって違いがあり、科目合格数や年齢、仕事の実績などによって判断する必要があります。

ご自身の状況を踏まえた上で、最適なタイミングで転職活動を始めましょう!

Sponsored Links

Pocket

関連記事と広告