30代未経験者の税理士事務所転職

>>30代未経験OK!税理士事務所の求人

税理士事務所求人の掲載数1位!
未経験者も年収400万円~多数あ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

募集中の求人を見てみる

 

30代未経験から税理士事務所を目指す方へ

税理士事務所へ転職したいけど、30代で未経験だと厳しいかな…」こんな風にお悩みの方も少なくないと思います。

「何歳まで」という厳密な基準はないものの、30代で未経験から税理士事務所に挑戦するのは、20代の方と比べるとややハードルが高くなるのは事実です。

もちろん、絶対に無理ということではありません。

私が勤めていた税理士事務所でも、30代でまったくの業界未経験という方でも、採用されるケースはたくさんありました。

というのも、税理士事務所というのは基本的に小さな組織ですから、事務所の代表者である所長税理士の意向次第で採用が決まる部分が大きいんです。

そのため、30代未経験の人であっても、20代の方との競争に勝ち抜いて採用されるケースは珍しいことではないんですよ。

その際、ポイントを押さえて効果的にアピールをすることができれば、採用の可能性をより高くすることができるでしょう(事務所側がどういうところを見ているのか?を押さえておくことが大切です)

今回は30代未経験で税理士事務所への転職を目指す方向けに、採用につながりやすいアピールポイントや、具体的な転職活動の進め方について解説させていただきます。

Sponsored Links

30代未経験でも税理士事務所に転職できる?

30代の人が未経験から税理士事務所に転職することは決して不可能ではありません(実際にそういう人はたくさんいます)

ただし、20代の方との競争になると、何らかの形でに20代の人に負けないアピールポイントが必要になると考えておきましょう。

未経験者は20代が有利なのはなぜ?

未経験者が税理士事務所への転職を目指すときに、20代の方が有利になる背景としては以下のような事情があります。

多くの税理士事務所で30代は中堅社員という位置づけになることが多く、20代後半でチームのリーダーとなっていることもあります。

その中で30代の未経験者を採用するとなると、職場の雰囲気としてはやりづらくなると考える事務所が少なくないんです。

税理士事務所というのは従業員数人~20人程度の小さな組織ですから、人間関係や年齢構成を重要視している傾向があります。

税理士事務所は基本的に年功序列

税理士事務所の従業員は基本的に新規顧客の開拓などはやりませんから、派手な活躍が認められて管理職になる、というケースはあまりありません。

年功序列型の人事体制になっている傾向があります)

40代になると税理士試験に合格している人は独立や転職、税理士試験はあきらめるという方は一般企業の経理管理職などに転職していくというケースが多いですね。

税理士事務所は独立などで辞めていく人も多く、未経験者はできるだけ若い人材を確保してじっくり育て、長く働いてほしいという狙いがあります。

そのため、未経験者の採用ではできるだけ若い人が好まれる傾向にあり、年齢の目安としては20代になるんです。

ただし、規模の大きい税理士法人(従業員20人~以上)ではどんどん事務所の規模を拡大していくために年齢関係なしに受け入れていることが多いですから、30代の未経験者でも採用される可能性は十分にあります。

>>税理士法人の求人案件はこちらにたくさんあります

30代でも可能性は十分にある

しかし、繰り返しになりますが年齢はあくまでも目安です。

実際には30代でも採用される可能性は十分にあるといえるでしょう。

ただし、条件が同じなら年齢が若いほうが採用されやすいので、多くの応募者が集まる環境の良い税理士事務所に挑戦するなら、20代の人に負けないアピールポイントが必要です。

つまり、年齢は多少高くても、これだけの条件や能力があれば採用しても大丈夫と事務所側を納得させる必要があるということですね。

次の項目では、30代の未経験者が採用されるための条件について、詳しく説明させていただきます。

Sponsored Links

30代の未経験者が採用されるための方法

税理士事務所の転職において30代の未経験者が採用されるには、できるだけ早い時期に即戦力になれることをアピールすることが重要になります。

税理士試験の科目合格

まず、税理士試験の科目合格があることは、未経験者の採用にとって非常に有利に働きます。

事務所としては会計や税務についての知識が全くない人よりも、ある程度の知識がある人のほうが教育しやすいのは間違いありません。

教育がしやすいということは、すなわち短期間で得意先を担当できる即戦力になってくれるということだからです

理想的には、実務でよく使う会計科目(簿記論、財務諸表論)1科目または2科目

税法科目(法人税法または所得税法、消費税法など)1~2科目に合格していれば、仕事をするうえでかなり知識があることをアピールできるでしょう。

なお、税理士事務所の仕事は税務の知識がより重要になるので、会計科目だけでなく、税法科目にも合格している方が有利になると思います。

アピールできるキャリアがあること

30代の未経験者が税理士事務所に挑戦する場合、20代の人にはない、実務ですぐに使える能力やキャリアがあることが大切です。

たとえば、税理士事務所の仕事はお客さんである経営者とのやりとりが重要な仕事なので、営業経験者は意外に重宝されます。

私は税理士事務所に未経験で入社したのですが、その以前には営業マンの経験がありました。

最初に入社した税理士事務所の採用面接では、営業マンとして飛び込み営業をやったことなどを話すと印象が良かったですね。

他にも、少人数であってもチームを管理したという経験があることは印象が良いです。

管理部門で社長や役員に近い部署で仕事をしていたなど、経営者の気持ちを理解できるような経験があれば、それは大きなアピール材料になります。

Sponsored Links

まとめ

30代の未経験者が税理士事務所に転職するのは、20代の方と比べると、少しハードルが高くなります。

しかし、これまでにやってきた仕事での経験をアピールできることは、20代の方にはない武器になるでしょう。

税理士試験の科目合格もあわせて、アピールできそうな材料を整理したうえで、ぜひ挑戦してみてくださいね。

Sponsored Links