「2017年8月」の記事一覧

税理士は独立すると貧乏になる?31%が総所得金額300万円以下というリアル

転職活動について

日本税理士会が平成26年に発表した「第6回税理士実態調査報告書」によると、独立開業している税理士のおよそ3割が「総所得金額300万円以下」という結果になりました(有効なアンケート回答数2万4950人) 総所得金額300万円以下というのはあえてリスクをとって独立したリターンとしてはやや厳しいものがありますよね。 「税理士として苦労して独立して、結果として勤務税理士の時より貧乏になってしまった…」というケースは実は少なくないのです。 今回は税理士が独立して成功するためにはどのようなキャリアプランを考えるべきか?について具体的に解説させていただきます。

税理士として独立すると顧客とのトラブルの可能性も…

転職活動について

税理士が独立開業を考える場合、顧客とのトラブルに備えておく必要があります。 中には必要なアドバイスをしてくれなかった…ということで数千万円単位の賠償金を関与先企業から求められてしまうようなケースもありますから、独立には様々なリスクがあることは理解しておかなくてはなりません。

税理士がBIG4以外への転職を希望する場合の進路は?

転職活動について

税理士資格を持つ人が高い年収を狙って転職活動を行う場合には、BIG4などの外資系大手税理士法人を狙うという場合が多いと思います。 しかし、勤務税理士としての転職先を考えるのであれば、候補になるのは必ずしもBIG4だけではありません。 今回は税理士有資格者で、会計事務所での実務経験が3年以上ある人向けにBIG4以外の転職先について解説させていただきます。

税理士が独立に際してトラブルになった裁判例

転職活動について

税理士として独立開業を考える場合に、避けて通ることができないのが顧客や従業員、元の勤務先との契約トラブルです。 特に多いトラブル事例としては従業員として入社した会計事務所で、その後独立を考えた税理士が既存の顧客を引き抜いてしまうケースです。 ここでは実際にあった裁判例を見ながら、税理士が独立に当たって直面する可能性が高い契約トラブルの具体例について検討してみましょう。

【企業内税理士の求人】メリットやデメリットは?平均年収を調査!

転職活動について

税理士に合格した後のキャリアプランを考える場合、企業内税理士として組織に属して働くか、開業税理士として自分の事務所を持つか…は悩ましい問題ですよね。 今回は企業内税理士にフォーカスしてそのメリットやデメリットについて解説させていただきます。

税理士が一般企業への転職を目指す場合の志望動機

転職活動について

税理士資格を持つ人が一般企業の経理などへの転職を考える場合、気をつけておくべきなのが志望動機の内容です。 会計事務所での実務経験しかない税理士の方の場合、一般企業に対して履歴書や職務経歴書を送る時の志望動機の書き方にはいくつか注意しておくべきポイントがあります。 今回は税理士の方が一般企業経理への転職を目指して転職活動を行う場合の、志望動機の具体的な作成ポイントについて解説させていただきます。

税理士は営業力がないと独立できない?

転職活動について

税理士として独立を考えている方の場合、「営業力がないと独立しても食っていけない」というのはよく聞く話だと思います。 営業力がないと税理士が食っていけないというのはある程度真実なのですが、実際に顧客を獲得する上では集客とセールス(営業力)の両方から対策を考えていくことが重要になります。 今回は独立を検討している税理士の方向けに、独立開業を目指す税理士はどのような形で顧客を開拓していけばいいのかについて具体的な事例を見ながら解説させていただきます。

税理士の将来性は?会計ソフトの普及でどう変わる?

転職活動について

会計ソフトの普及で税理士業界は変わる、人工知能の発達で税理士の将来性が危ない…などなど、最近は気になる話題が多いですよね。 今回は技術発展が税理士の将来性にどのような影響を与える可能性があるのか?(あるいは現在どのような影響が出ているのか)について考えてみましょう。

企業内税理士の適正年収は?年収700万円以上の人はどこが違う?

転職活動について

税理士として活動していく上では、独立開業の他に企業内税理士として組織の中で生きていくという選択肢もあります。 その際に気になるのは年収ですよね。結論から言うと、企業内税理士であっても大手税理士法人への転職を成功させれば30代で年収1000万円というのも決して不可能では在りません。 大手企業の福利厚生は独立開業に比べると非常に魅力的ですから、現在税理士として会計事務所で働いているという方は選択肢に入れてみる価値はあると思いますよ。

【税理士のBIG4転職】学歴はどう評価される?

転職活動について

BIG4などの外資系大手税理士法人への転職を目指す人の場合、転職活動時に自分の学歴がどのように評価されるのか気になっている方もおられるかもしれません。 大学院を利用して税理士試験の科目免除を受けたというキャリアの方も学歴についてはやや気になるポイントですよね。 今回は税理士の方が大手税理士法人への転職を目指す時の学歴に関する考え方について解説させていただきます。

大手税理士法人は激務?魅力は高い年収や地位だけではない

転職活動について

大手の税理士法人というと、年収が高い代わりに仕事が激務…というイメージがありますよね。 30代以降の方で、会計事務所から大手税理士法人への転職を検討している方の場合、仕事がどの程度激務になるのか?はライフワークバランスを考える上でも重要な問題だと思います。 今回は、大手税理士法人の仕事の忙しさや平均年収の実際について具体的な転職成功例をあげながら解説させていただきます。

税理士が国際税務を経験したい場合、BIG4以外の選択肢は?

転職活動について

勤務税理士として企業内でキャリアアップしていくことを考えている方の場合、国際税務の実務経験があることは年収アップに役立ちます(30代前半で年収1000万円を超える人も少なくありません) 国際税務の実務経験を積める環境として第一に挙げられるのはBIG4等の外資系大手税理士法人ですが、BIG4以外にも国際税務の実務経験を積むことができる環境はあります。 今回は、国際税務もできる勤務税理士としての転職を考えている方向けに、BIG4以外の選択肢について解説させていただきます。

税理士資格者が一般企業を転職先に選ぶのはアリ?

転職活動について

税理士資格に合格後も会計事務所で仕事をしているという人の場合、転職先の選択肢として一般企業の経理や財務の仕事を考えている方も多いでしょう。 税理士資格を持ち、会計事務所での実務経験が3年以上ある人であれば、一般事業会社では管理職候補として採用される可能性が高いです。 会計事務所での年収が頭打ちになっているという方はこれらの転職先を選択肢に入れてみる価値はあると思いますよ。

税理士が独立するベストなタイミングは?

転職活動について

税理士として独立を考える場合、いつがベストなタイミングなのか?は慎重に判断するべき問題です。 これまで会計事務所で実務経験を積んできたという人の場合、税理士の実務を覚えながら資格取得をしたと言う人が多いと思います。 しかし、その延長で独立…と単純に進んでしまうと思いも掛けない袋小路に入り込んでしまう可能性があります(集客やセールスについての経験がない人の場合) 今回は税理士が独立という決断をするべきベストなタイミングについて具体的な事例をあげながら解説させていただきます。

転職エージェントに「話だけ聞きたい」で登録すると面倒なことに…

転職活動について

転職エージェントは世の中にたくさんありますが、「無料で使えるから」と安易に登録すると案件の紹介電話が毎日のようにきてめんどくさい…というようなことにもなりかねません。 税理士の方が転職エージェントを使う場合、会計職を得意とする専門の転職エージェントに絞って登録するのをおすすめしますが、その他にもスカウトサービスを使って待ちの姿勢で転職活動を少しずつ進めていくという方法もあります。 「今すぐには転職する予定はないけれど、よい求人があればのぞいて見たい」いう方は参考にしてみてくださいね。

「税理士は資産税に取り組めば儲かる」は本当か?

転職活動について

税理士資格を持つ人が独立を考える場合にまず取り組むことを考えるのが資産税分野ですよね。 多額のお金が動く相続税申告業務などでは獲得できる税理士報酬も大きくなりますから、「税理士が資産税に取り組むと儲かる」というのは一面では正しいです。 ただし、儲かる分野には当然多くのライバルがいます。今回は資産税分野に実際に取り組んでいる税理士事務所がどのようにして顧客を獲得しているのかという点について考えてみましょう。

税理士業界もグローバル化が進む?英語ができないと生き残れない?

転職活動について

英語はどうも苦手…でも10年、20年先を考えると税理士もグローバル化に対応できないとまずいのかも…。 現在税理士として仕事をしている方の中には、このような不安を感じている方も少なくないかもしれません。 今回は、税理士業界のグローバル化の流れについて、外資系企業への転職支援に多く関わってきた経験から解説させていただきたいと思います。

ページの先頭へ