Pocket

転職エージェントを使うと、年収が高い非公開求人を見れるようになるというメリットがありますが、デメリットとして「転職エージェントに案件を断るのが面倒」ということがあると思います。

忙しい仕事の合間に電話がかかってくるというのが煩わしいという場合もあるでしょうし、「せっかく案件を探してくれたのに、あっけなく断るのは申し訳ない…」という罪悪感を感じるのがおっくうという人もいるでしょう。


Sponsored Links

転職エージェントを使わないことによるデメリット?

といっても、転職エージェントを使わずに転職活動をする方というのは、最近ではかなり少数派になってきているのも事実です。

転職エージェントを使わないことには、以下のようなデメリットがあるためです。

 

  • ①条件の良い「非公開求人」が見れなくなる
  • ②職務経歴書作成や面接対策などを自力でやらないといけない
  • ③採用担当者と「事前のすりあわせ」をしてもらえない

 


Sponsored Links

それでも転職エージェントとのやりとりはめんどくさい…

「うん、まあわかってる。とはいっても転職エージェントに案件を断ったりするのはやっぱりめんどくさいし…」

そんな方におすすめなのはリクナビネクストがやっているスカウトサービスです(無料で使えます↓)

案件がくるたびに転職エージェントから電話があって、そのつど断って…というのにストレスを感じている方は使ってみると良いと思いますよ。

基本的に転職エージェントからの連絡はメールのみなので、何日かに一回メールを確認するようにして、良さそうな非公開求人が来ているときにだけこちらからアクションを起こせばOKです。

※仕組みはこんな感じです↓

スカウトサービスを上手に使うためのポイントは?

スカウトサービスは上でも少し説明させていただいたように基本的に「待ち」の転職戦略になります。

イメージとしては以下のような感じですね。

 

  • ①一般的な転職サービス:マグロの一本釣り
  • ②スカウトサービス  :大きな網を海に投げて待つ

 

待ちの姿勢で転職活動を成功させるためにはポイントがあります。

それは、「自分が希望する求人の条件をしっかりと入力しておく」ということです。

スカウトサービスは登録されているあなたの情報や、希望する求人条件をもとに「この案件ならどうでしょう?」という形でメールを送ってきてくれるサービスです。

というのも、転職サイト側が紹介メールを送るときに、あなたの希望する求人の条件が何も入力されていなかったりすると、「スカウトメールを送りたくても送れない」という状態になってしまう可能性があるのです。

せっかく条件に合致している求人が出てきたのに、これではチャンスをそのつど逃してしまうことになってしまいますよね。

希望職種や年収を詳細に入力しておくのがポイント

スカウトサービスを使うときには年収や職種など、転職先として希望する条件(プロフィール入力)だけはできるだけしっかりと入力しておくのがポイントです。

連絡先はメールだけの匿名にしておいて、求人情報だけを送ってもらえるように希望条件を入力しておくこともできますから、電話を取るのがめんどう…という方も使いやすいと思いますよ。

自己分析に役立つこういうサービスも無料で受けられるので、活用してみると良いかもしれませんね↓

Pocket

関連記事と広告