「2017年7月」の記事一覧

税理士が独立して失敗する典型的なケース

転職活動について

税理士資格を持つ人や、これから税理士になることを目指している方の多くが独立開業を目指していると思います。 しかし、日本税理士会が平成26年に発表したデータによると、年間所得300万円未満しか稼げていない独立開業税理士というのは実は全体の3割以上もいる…というのが現実なのです。 今回は税理士が独立という選択をした結果、経済的に失敗してしまう典型的なケースについて考えてみましょう。

税理士が個人事務所に転職した場合の平均年収は?

転職活動について

税理士が従業員数人〜10人程度の個人事務所に勤めた場合の平均年収と、その後にさらに年収をアップしていくための具体的なキャリアプランについて解説させていただきます。 キャリアアップを戦略的に進めていけば、30代で年収1000万円を達成するというのは独立しない勤務税理士の人でも珍しくはありません。

転職エージェントに案件を断るのがいちいち面倒…という方へ

転職活動について

転職エージェントを使った方が転職活動は楽になるのはわかるけれど、紹介してくれる案件をいちいち断るのがめんどくさい…と感じている方は非常に多いと思います。 非公開の求人を教えてくれるのはありがたいけれど、自分の希望にマッチしていない求人を紹介される…ということがなんども続くとうんざりしてしまいますよね。 今回は税理士の方が転職エージェントを上手に活用するための具体的なポイントについて解説させていただきますので、これから転職活動を本格的に初めていく予定の方は参考にしてみてくださいね。

税理士が転職するベストの年齢は?

転職活動について

勤務税理士として企業内でキャリアアップしていくことを考える場合、年齢的に転職にベストなタイミングがあることを知っておく必要があります。 具体的には、外資系税理士法人を狙うか、国内の大手税理士法人とでは年齢要件に関する考え方がやや異なりますので、これから転職活動を開始するという方はチェックしておいてください。

会計ソフトの進化で税理士は不要になる?

転職活動について

「会計ソフトが進化しているので税理士は不要になる」「税理士は人工知能(AI)の進化でなくなる仕事…」こんな話を最近よく聞きますよね。 現在税理士として働いている人や、これから税理士になることを目指している方にとっては「そんなわけあるかよ」と思いながらも気になっている…という方も多いかもしれません。 今回は会計ソフトの普及で税理士業界がどのように変わっていくのか?について考えてみましょう。

税理士が転職してメーカー企業の管理職を目指す場合の選択肢

転職活動について

勤務税理士として一般企業内でキャリアアップしていくことを選択した方の場合、国内外のメーカーの経理管理職を転職先として考えている方も多いでしょう。 一言で一般企業の経理職、メーカー企業といっても、規模や仕事の種類はさまざまですから、転職するときに気をつけておくべきポイントもそれぞれ異なります。 今回は税理士資格を持ち、会計事務所での実務経験が数年以上ある方が一般事業会社(メーカー)への転職を目指す時の基本的な戦略について解説させていただきます。

BIG4税理士法人への転職活動を成功させるには?

転職活動について

税理士資格を持ち、会計事務所で3年〜5年の実務経験があるという方の場合、外資系系税理士法人(いわゆるBIG4)への転職も現実的な選択肢とすることができます。 今回は、外資系税理士法人への転職を成功させるために税理士の方が注意しておくべきポイントについて解説させていただきます。

【税理士の転職体験談】会計事務所からコンサルティングファームへ

転職活動について

今回は、税理士資格を持つ30代男性の方が、会計事務所勤務からコンサルティングファームへの転職に成功した体験談を紹介させていただきます。 税理士資格を持ち、会計事務所での実務経験が3年以上ある場合にはコンサル業界も転職先の選択肢に入れることが可能です。 コンサル業界への転職をきっかけに年収700万円〜1000万円のレベルまで進む税理士の方は少なくありませんから、現在転職を考えている税理士の方は参考にしてみてください。

勤務税理士と開業税理士の年収比較:年収1000万円を狙うならどっち?

転職活動について

税理士資格を持ち、会計事務所での実夢経験が3年以上あるという方の場合、このまま勤務税理士として働くか、開業税理士として独立を目指すべきか…と悩んでいる方も多いと思います。 今回は、勤務税理士と開業税理士の年収についてデータをもとに比較し、年収1000万円を30代で達成するための具体的なキャリアプランについて解説させていただきます。

【税理士の転職体験談】会計事務所から一般企業経理(東証一部大手)へ

転職活動について

税理士資格を持つ20代女性の方が希望通りに一般企業経理職(東証一部大手)への転職を成功させた体験談を紹介させていただきます。 転職成功要因の分析も行なっていますので、これから一般企業経理職への転職を目指している会計事務所経験者の方はご自分の転職活動の参考にしてみてください。

税理士資格の活かし方は?年収アップにつなげる方法

転職活動について

せっかく税理士資格を取得したのに、いまいち年収アップにつながっていない…。税理士有資格者の型の中にはこのような悩みをお持ちの方も多いかもしれません。 今回は、年収を上げるという点にフォーカスした場合の税理士資格の上手な活かし方について解説させていただきます。

税理士が就職活動で大手を狙う場合の選択肢は?

転職活動について

税理士資格を取得し、会計事務所等で働いている人の場合、大手の税理士法人や一般事業会社(上場企業などの大手企業)の経理職などへの就職を考えている方も多いかもしれません。 今回は、税理士が就職活動で大手企業を狙う場合におさえておくべきポイントについて解説させていただきます。

税理士に「独立しない」という選択肢はアリか?

転職活動について

税理士資格を目指している、あるいはすでに5科目に合格して会計事務所等で働いているという人のうちの多くが独立して自分の事務所を持つことを目標にしていると思います。 ですが、リスクをコントロールしつつ年収を上げるということを考えた場合には必ずしも独立だけが最適な方法とは言えません。 今回は、税理士資格を取得している人(科目合格者を含みます)向けに独立しない税理士という選択肢のメリットやデメリットについて解説させていただきます。

ページの先頭へ